カードローン審査における必要書類について

カードローン審査においては、準備しなければいけない必要書類があります。
いざというときのお金の入用に非常に役立つカードローンですが、カードローン 審査の必要書類を準備するのに時間がかかってしまうことがよくあります。
そのようなときに慌てない為にも、事前に必要書類を用意しておくといいでしょう。
審査に必要な書類は、主に次の2点です。
?本人確認書類
通常は、「運転免許書」が本人確認書類となります。
当然車を運転しない方もおられるでしょうから、その場合には「健康保健証」もしくは「パスポート」が必要になってきます。
いずれも有効期限内のものが必要になってきますので注意しましょう。
また記載されている住所は最新のものでなければいけません。
引っ越ししたところなど、まだ住所変更の手続きを行っていない場合には、審査担当者に相談するようにしましょう。
通常は、住民票などの最新の住所を確認できる書類を準備する必要があります。
?収入証明書
申込金額によっては不要の場合もありますが、慌てないためにも準備しておくようにしましょう。
いずれかの一つを準備して審査に臨みましょう。
・源泉徴収票
・納税額決定通知書
・所得証明書
・確定申告書
・給与証明書
一番最新の書類を揃える必要があります。
通常は一期分で十分なのですが、審査の段階で数年分の提出を求められることもあります。
必要書類は、コピーでOKの先と、原本を確認する先とに分かれます。
最近では不正を防ぐ目的で、原本を確認する先も増えてきていますので、どうせならきちんとした原本を準備しておくようにしましょう。

フリーローンとは

ローンにはフリーローンと目的ローンがあり、同じローンといっても涼方法や内容に違いがありそれぞれに特徴があります。

目的ローンは銀行などが出している商品で住宅ローン、マイカーローン、教育ローンなどがあり、それぞれの目的に応じて融資を受け、融資を受けたお金の返済だけになり新たな借入をするときは再度審査を受けて融資を受けることになりますが、フリーローンとは小口融資と呼ばれ名前通り何に使ってもいいローンで、融資限度額が決まれば限度額の範囲内であれば何度でも借入れができるというところに目的ローンと大きな違いがあります。

こう見るとフリーローンのほうが便利なカードといえますが、フリーローンは何度でも借入れができるのでなかなか完済することがむつかしく、借入残高もなかなか減らすことができず金利を払い続けなければならない状態が続き、完済する意志を強くもたないとなかなか完済できませんが、目的ローンは返済のみなので返済を続けていれば借入残高が確実に減っていきます。

目的ローンのような大口融資は保証人や担保が必要になる場合も多いですが、フリーローンは小口融資ということから申込み者の信用度を審査し無担保で融資を受けることができるので簡単に申し込みができます。

金利は目的ローンのほうが比較的低く、フリーローンは目的ローンに比べて高く、審査時間を見ると金利が低い分審査に時間がかかることや審査が厳しくなります。フリーローンとは一時的にどうしてもお金が必要なときに利用するキャッシングの方法といえます。

キャッシングに失敗する学生はすぐ返済ができない

キャッシングでは毎月の返済日が決められています。
通常は月に一回となりますがプロミスのように35日ごとの返済という特殊な返済日もあります。
返済日は月に一度決められた日にだけ行う、その考えは捨てましょう。
キャッシングに失敗する学生はすぐ返済という考えがないことは少なくはありません。

例えば1週間後にはアルバイトの給料が入ることがわかっているのにどうしても今日5,000円が必要である、そんなこともあるでしょう。
今日5,000円を借り入れたとすれば1か月後の返済日に返済すればよい、確かにその通りです。
しかし1週間後に給料日であればその日に返済することもできるはずです。
1週間分の利息を支払うだけで済むのか、もしくは1か月分の利息を支払うのか、その違いは小さなものではありません。

キャッシングは素早く返済することを考えておきましょう。
毎月決められた返済日まで待つ必要はありません。
また借り入れ金額が一回の返済では難しい時もあるでしょう。
そんなときにも繰り上げ返済や一括返済を使って積極的に返済に臨む姿勢が大切です。

ただし注意しておかなければならないのは通常、返済日の14日前以前の返済は前月の返済の追加として処理されます。
そうなると本来の返済日に改めて返済をしなければならず金額を用意することが難しい事も出てくるでしょう。
返済日に処理される日程についてどのようになっているのか、キャッシングを利用するときには確認しなくてはなりません。