三菱東京ufjカードローンについて

日本の三大メガバンクは、どこか御存じでしょうか?
正解は「三井住友銀行」「三菱東京UFJ銀行」「みずほ銀行」の3つです。
正確に答えることができましたか?
その内の一つである「三菱東京UFJ銀行」が提供しているカードローンが、「バンクイック」です。
このカードローンは、特徴ある魅力的な要素を多くそろえています。
まずは、その商品概要から見てみましょう。
・借入限度額:最大500万円
・実質年利:4.6%〜14.6%
・返済方法:毎月分割返済(最小返済額方式)
最小返済額方式とは、利用残高に応じて毎月最低返済金額が決定される方法です。
返済日時点での借入残高が10万円以下の場合には、返済金額は2,000円となり、残高10万円ごとに2,000円ずつ加算されていきます。
審査結果の回答時間は、最短で30分、早ければ40分で実際にお金を借りることも可能です。
通常の窓口での申込に加えて、ATM横に設置されているテレビ窓口でも申込できます。
テレビ窓口は、店頭営業が終了した平日15時以降や土日祝日も利用可能です。
ホームページ上では、借入可能かどうかの「3秒診断」が利用可能。
カードローンを初めて利用される方のための「初めてのカードローン講座」も人気があります。
メガバンクの特徴を最大に活かしたバンクイックは、数ある大手カードローンの中でも評判の高い商品です。
興味のある方は、一度ホームページや窓口案内で情報を仕入れてみてはいかがでしょうか。

優良サービスが充実!キャッシング業者の会員ページ

消費者金融のキャッシングでは会員ページがあります。
利用をするときには利便性高い機能、優良サービスが充実しています。
現在利用中の消費者金融にある会員ページはもうご覧になったでしょうか。
まだ見ていないというのであればぜひ隅々までご覧いただきたいものです。
消費者金融は金利がどこで借り入れたとしても変わりありません。
金利と元金が変わらなければ返済する金額には差が出るものではありません。
得もなければ損もない、そんな横並びの消費者金融では何を持って他社よりもぬきんでていくのか、それがサービスであるということです。
初めての借り入れの時にはそのサービスも比較したでしょう。
例えばプロミスの30日間無利息であったり、ノーローンの7日間無利息であったり、大きな目玉となるサービスがある消費者金融を選択したのではないでしょうか。
もちろん消費者金融はそれだけではなく、大手としてもアコムやアイフル、モビットなどもあります。
はっきりとした違いとして無利息期間がありますが、実際にはそのほかのサービス内容としてはどこも充実しすぎており横並びの状態にまでなりました。
どの消費者金融を使ってもサービスは充実しています。
借り入れがしやすいのも特徴ですが、同じように返済がしやすいことも特徴でもあります。
返済がしやすい方法が必ず用意されています。
返済がしやすくなる方法も必ず用意されています。
しっかりと隅々まで確認をしてみましょう。

口コミだけではあてにならない!キャッシングの審査とは

消費者金融のキャッシングを利用しようとするとき、インターネットでその口コミや評判をみることもあるでしょう。
どんな消費者金融が人気になっているのかを知ることは重要なことでもあります。
しかし口コミではその詳細が分からないことがあります。
申し込みをすると審査が行われます。
その審査は簡単にいえば消費者金融が貸すか貸さないか、それを判断するためのものです。
またそれだけではなく、貸すと判断したとしてもそれではいくらを貸すのかも判断されるものです。
消費者金融は審査が甘いといわれることもありますがそんなことはありません。
記入する申込書は非常に細かな項目に分かれており、それぞれの属性に点数がつけられます。
合格点に達するかどうか、それを点数加算方式によってコンピューターが行っています。
与信スコアリングと呼ばれるものです。
イメージとしては審査は担当者が個人の事情などを考慮して行われるものだろうと思われるかもしれませんがそんなことはありません。
情報のすべてはコンピューターで処理されることとなりそこに点数がつけられますので、キャッシング審査の時間が早くなることはうれしいことではあるもののシビアであることも否めません。
勤務先についても例えば収入があればそれでいいというものではなく、公務員であれば点数は高くなりアルバイトやパートでは点数が低くなります。
また勤続年数が長ければ点数が高く、低ければ点数が低いといった具合いです。

消費者金融の選び方

消費者金融でキャッシングするときのメリットとしてあげられるのが、短時間で審査が終わることや銀行に比べて審査内容が緩いというところですが、銀行に比べて金利が少し高いことがデメリットといえます。
消費や金融の選び方で気を付けなければならないのは、テレビCMなどで名前の知られた大手消費者金融をえらぶのなら問題はありませんが、なかには中小金融業者といった地方都市などで地域に根付いた地道な営業を続けている金融業者も存在し、中には「ヤミ金」と呼ばれる反社会勢力をバックにした金融業者もあるのでそういった業者に手を出すと、あとで取り返しがつかなくなるので絶対に手を出してはいけません。
消費者金融の選び方として、新規顧客を獲得するため無利息期間のサービスを行っている消費者金融もありますが、これらのサービスだけを見て選ぶのではなく、一度契約すると解約の申請をしないかぎり契約が続くので利用期間中の会員サービスにどんなものが有るのかも調べることや、自分の生活範囲内に返済や借入れに利用できるATMがあるのかを調べることも必要になってきます。
会員サービスの中には返済日が近づくとメールで返済日を教えてもらえたり、返済日が過ぎてしまった後はメールを使って次回の返済日が決められるといったサービスや会員登録をすればポイントがたまり貯まったポイント数で7~30日間の無利息期間が利用できるといったサービスなど、利用中どこまでサポートしてもらえるのかも選ぶときのポイントになります。

消費者金融だからこそ利用しやすいアイフル・プロミス学生借入方法

アイフル、プロミス学生借入方法、実は銀行と比べて利用対象者の間口が広くなっていますので消費者金融であれば審査に通りやすくなっています。
学生とは言っても全ての学生が対象となっているわけではなく条件は二つ。
20歳以上であること、そして本人に安定した収入があることとなっています。
これはどの消費者金融でも変わらない条件となっていますので覚えておきましょう。
20歳以上、これはわかりやすいものです。
自分の年齢になりますのでわからないということはないでしょう。
しかし安定した収入とはどのようなことなのでしょうか。
消費者金融は総量規制の対象となり、その中では実は本人以外の収入のある配偶者や家族がいれば貸し付けは可能というものがあります。
しかし現在の消費者金融では「本人に」安定した収入があることが大前提となっており例外はありません。
総量規制とは別に、消費者金融としての取り決めになっているとみることができます。
まずは「収入」の部分から見てみましょう。
アルバイトをしていればそれは自分が働くことによって稼ぎ出しているお金になりますので本人の収入となります。
それでは「安定」を見てみましょう。
消費者金融の場合、安定は現在の安定や過去の安定は指していません。
これからの収入の安定、それを判断しています。
高い給与であってもこれから先もそこで勤務することの推測が難しい状況であれば安定とは判断しないということです。
これまでどのくらいの期間働いてきたのか、それによって安定を見ることができています。

カードローン審査における必要書類について

カードローン審査においては、準備しなければいけない必要書類があります。
いざというときのお金の入用に非常に役立つカードローンですが、カードローン 審査の必要書類を準備するのに時間がかかってしまうことがよくあります。
そのようなときに慌てない為にも、事前に必要書類を用意しておくといいでしょう。
審査に必要な書類は、主に次の2点です。
?本人確認書類
通常は、「運転免許書」が本人確認書類となります。
当然車を運転しない方もおられるでしょうから、その場合には「健康保健証」もしくは「パスポート」が必要になってきます。
いずれも有効期限内のものが必要になってきますので注意しましょう。
また記載されている住所は最新のものでなければいけません。
引っ越ししたところなど、まだ住所変更の手続きを行っていない場合には、審査担当者に相談するようにしましょう。
通常は、住民票などの最新の住所を確認できる書類を準備する必要があります。
?収入証明書
申込金額によっては不要の場合もありますが、慌てないためにも準備しておくようにしましょう。
いずれかの一つを準備して審査に臨みましょう。
・源泉徴収票
・納税額決定通知書
・所得証明書
・確定申告書
・給与証明書
一番最新の書類を揃える必要があります。
通常は一期分で十分なのですが、審査の段階で数年分の提出を求められることもあります。
必要書類は、コピーでOKの先と、原本を確認する先とに分かれます。
最近では不正を防ぐ目的で、原本を確認する先も増えてきていますので、どうせならきちんとした原本を準備しておくようにしましょう。

フリーローンとは

ローンにはフリーローンと目的ローンがあり、同じローンといっても涼方法や内容に違いがありそれぞれに特徴があります。

目的ローンは銀行などが出している商品で住宅ローン、マイカーローン、教育ローンなどがあり、それぞれの目的に応じて融資を受け、融資を受けたお金の返済だけになり新たな借入をするときは再度審査を受けて融資を受けることになりますが、フリーローンとは小口融資と呼ばれ名前通り何に使ってもいいローンで、融資限度額が決まれば限度額の範囲内であれば何度でも借入れができるというところに目的ローンと大きな違いがあります。

こう見るとフリーローンのほうが便利なカードといえますが、フリーローンは何度でも借入れができるのでなかなか完済することがむつかしく、借入残高もなかなか減らすことができず金利を払い続けなければならない状態が続き、完済する意志を強くもたないとなかなか完済できませんが、目的ローンは返済のみなので返済を続けていれば借入残高が確実に減っていきます。

目的ローンのような大口融資は保証人や担保が必要になる場合も多いですが、フリーローンは小口融資ということから申込み者の信用度を審査し無担保で融資を受けることができるので簡単に申し込みができます。

金利は目的ローンのほうが比較的低く、フリーローンは目的ローンに比べて高く、審査時間を見ると金利が低い分審査に時間がかかることや審査が厳しくなります。フリーローンとは一時的にどうしてもお金が必要なときに利用するキャッシングの方法といえます。

キャッシングに失敗する学生はすぐ返済ができない

キャッシングでは毎月の返済日が決められています。
通常は月に一回となりますがプロミスのように35日ごとの返済という特殊な返済日もあります。
返済日は月に一度決められた日にだけ行う、その考えは捨てましょう。
キャッシングに失敗する学生はすぐ返済という考えがないことは少なくはありません。

例えば1週間後にはアルバイトの給料が入ることがわかっているのにどうしても今日5,000円が必要である、そんなこともあるでしょう。
今日5,000円を借り入れたとすれば1か月後の返済日に返済すればよい、確かにその通りです。
しかし1週間後に給料日であればその日に返済することもできるはずです。
1週間分の利息を支払うだけで済むのか、もしくは1か月分の利息を支払うのか、その違いは小さなものではありません。

キャッシングは素早く返済することを考えておきましょう。
毎月決められた返済日まで待つ必要はありません。
また借り入れ金額が一回の返済では難しい時もあるでしょう。
そんなときにも繰り上げ返済や一括返済を使って積極的に返済に臨む姿勢が大切です。

ただし注意しておかなければならないのは通常、返済日の14日前以前の返済は前月の返済の追加として処理されます。
そうなると本来の返済日に改めて返済をしなければならず金額を用意することが難しい事も出てくるでしょう。
返済日に処理される日程についてどのようになっているのか、キャッシングを利用するときには確認しなくてはなりません。